山口県で相談できる漢方専門店をお探しならぜひ壱番薬局へ


                                                                                           


                           夜間頻尿 夜中に何回もトイレに行きたくなる 

      
         

           夜間に何度も尿意で起きる原因のひとつに、水分の取りすぎ、薬の作用で尿量が増える、
           腎不全や糖尿病など基礎疾患があり・・・多尿になっていることがあげられます。
        
           他にも、膀胱が小さくなったり、炎症による刺激や残尿があり膀胱容量が減少すると、
           頻繁にトイレに行きたくなります。
           
           また、尿量も機能的にも正常であっても、精神的な要素(心因性頻尿)で、トイレが近いと
           いうこともあります。


           漢方的には、加齢により足腰が少し衰えるようになると、腎の水分再吸収(蒸騰気化)が衰え、
           特に身体の活動が休息に入る時間帯である夜間は、さらに、再吸収機能が弱くなるので
           夜間に何度もトイレに行くようになると考えるのが一般的です。

           また、漢方では、”腎”と”心”(心臓ではなく思考や意識・睡眠などに働く臓)は相交していると
           考えられ、”心”が正常に機能しない(眠りが浅い・眠れないなど)と、対する”腎”が影響を
           受けて、夜間頻尿となることもあります。

           








          
            
夜間頻尿を軽くする生活習慣                                       
               

                 〇水分のとり過ぎに注意

                〇身体を冷やす冷たい飲み物は飲まないようにする
                  (温かい飲み物にする)
   

                         〇ウォーキングなどの運動を続ける

                〇テレビをつけたまま寝ない

                         




          
 

        
☆症例☆

       
男性 71歳  171cm 72kg

      
発症   10年前くらい
        主訴    以前は夜1~2回だった夜間尿が、徐々に増えてきて、現在毎夜5~6回
        随伴症状  腰痛・朝、顔がむくむ
               
        性格    温厚
        憎悪因子  冬時期、身体が冷えるとき悪化



        
判断  
              加齢により、腎精が衰えたことと、毎晩のように冷たいビールを大瓶2本飲んで、身体を冷やし
              冷たい水をかかえている。 寒飲の陰邪も弱った腎陽をさらに不足させて、陰気が盛んになる
              夜間はさらに”蒸謄気化”と封臓が出来ずに夜間頻尿となった。
              陽気不足は水の停滞を起こすので、身体の上部=顔にむくみが朝にある。少ない陽気も昼ごろ
              になるとめぐるようになるので、日中くらいにむくみが解消される。

   
     〇治法  
              温陽利水

      
  〇方剤  
              主薬である大辛大熱の附子は通常より加量として、その重要な効で補腎温陽し、化気行水を
              強めて水気を除くとともに、白朮と茯苓で脾運も強めて水湿の産生を防ぎながら水気を除く。
              辛温の生姜は通陽散水の効によって附子を補助しながら、温胃の力で白朮と茯苓の運脾を助ける。
         

              経過・・・1か月服用後は1日に平均4回まで減少、3か月継続後は2回(時に3回)まで減ってきた
                             その後継続中
   


   

                                                                                            


ご相談の多い病名
  あ行                     か行                     さ行

   アトピー性皮膚炎              肩痛(五十肩)               自律神経失調症
   アレルギー性鼻炎・花粉症         気管支喘息                 子宮内膜症
   胃腸の不調                 過敏性腸症候群              子宮筋腫
   おねしょ                    乾癬                     生理痛(月経痛)
                           子宝相談                  生理不順(月経不順)
                           高血圧                    湿疹(慢性湿疹)
                           更年期                    じんましん
                           がん                     痔





  た行                     な行                     は行

   糖尿病                    にきび・吹き出物              冷え性
   ダイエット・肥満               尿もれ・頻尿・排尿困難          肥満
   突発性難聴                 認知症                    不妊症(子宝相談)
   多汗症                                            不眠
   頭痛                                              便秘

    低体温



  ま行                     や行

   腰痛                     夜間尿
   耳鳴り 
   めまい・(メニエル病も含む
   慢性疲労
   むくみ(浮腫)             
                 







                  HOME   その他治療症例   当店のご案内・アクセス    スタッフ紹介    お問い合わせ    戦国ジオラマ集




                       ㈱壱番薬局       〒755-0011  山口県宇部市昭和町4-9-4

                            
電話番号  0836-32-9152   FAX  0836-32-9140