山口県で相談できる漢方専門店をお探しならぜひ壱番薬局へ


                                                                                          


                                            高 血 圧 症

           新日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」が、新しくなり、高血圧が Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度
           の3段階に分けられました。



                   収縮期血圧           拡張期血圧

              Ⅰ度高血圧   140~159    かつ/または   90~99

              Ⅱ度高血圧   160~179    かつ/または   100~109

              Ⅲ度高血圧   180以上     かつ/または    110以上



            
《高血圧の原因》

            〇
遺伝的要因・・両親ともに高血圧であれば、血圧が高くなりやすくなるという統計があります

            〇
塩分塩分過剰・・血管内の浸透圧一定に保たれていますが、塩分を過剰に摂ると、浸透圧を
                    保つために血管内の水分量が増えて血圧が上がるといわれています。

            〇
運動不足・・運動すると、身体が熱くなり、血管が開いて血液の流れが良くなります。また、
                  汗をかくことにより、毛穴が開いて体内に鬱した滞り(憂鬱やイライラ)を
                  発散させることが、血液循環改善の助けをしてくれます。

            〇
ストレス・・・精神的な負担や、身体的な負荷が過剰にかかり、心身の緊張を高める交感神経系
                 が活発化して、脈が早まり血圧上昇や体温も上がります。

            〇
40~50歳をすぎると・・・加齢とともに末梢循環の流れも悪くなりやすい等の血管老化が
                        原因で血圧が上がりやすくなります。
                        生まれつき虚弱な体の人や、睡眠不足や、暴飲暴食等を繰り返して
                        きた人は、早期に血圧異常があらわれやすくなります。





          
性格・・・起こりやすくイライラしやすい人や、些細なことでも深く考え悩み続けてしまいやすい人  



          
冷えのぼせ・・・漢方的な考え方になりますが、足腰が冷える人や、頭部や首にのぼせがある人、
                または、両方ある場合に、身体は冷えのぼせの状態にあります。
                身体の下部の冷えや、身体の上部のほてりが、血液循環を乱し、血圧を上昇させる
                ことがあります。特にイライラも伴う場合は、発症率をさらに高めます。


                                      



            




          
 

        
☆症例☆

       
女性 53歳  156cm 48kg

      
発症   閉経前の49歳頃より

        主訴    高血圧(以前は低めだった血圧が閉経前から収縮期血圧が140超、拡張期血圧が90超に)

        随伴症状  イライラ 足の冷え 首の凝り 時に頭痛(更年期症状) 
               
        性格    真面目

        憎悪因子  忙しい時、イライラするとき、高くなる’



        
判断  
              閉経頃ということで、生殖機能の衰え及び、足の冷えも伴うことから、腎陰陽両虚、
              イライラしやすくなったことから、虚陽上浮による血圧上昇
   
     〇治法  
              陰陽双補 温腎潜陽

      
  〇方剤  
              辛甘化陽と酸甘化陰の性質を持つ桂枝湯で陰陽を補い、附子で補腎陽して足腰の冷えを除き、
              重鎮固渋の竜骨と牡蠣で潜陽入陰させて天麻で熄風
       
         
              経過・・・2か月で効果がみられるようになり、5か月継続後、血圧が安定してきた。

   
   

                                                                                      




ご相談の多い病名
  あ行                     か行                     さ行

   アトピー性皮膚炎              肩痛(五十肩)               自律神経失調症
   アレルギー性鼻炎・花粉症         気管支喘息                 子宮内膜症
   胃腸の不調                 過敏性腸症候群              子宮筋腫
   おねしょ                    乾癬                     生理痛(月経痛)
                           子宝相談                  生理不順(月経不順)
                           高血圧                    湿疹(慢性湿疹)
                           更年期                    じんましん
                           がん                     痔





  た行                     な行                     は行

   糖尿病                    にきび・吹き出物              冷え性
   ダイエット・肥満               尿もれ・頻尿・排尿困難          肥満
   突発性難聴                 認知症                    不妊症(子宝相談)
   多汗症                                            不眠
   頭痛                                              便秘

     低体温



  ま行                     や行

   腰痛                     夜間尿
   耳鳴り 
   めまい・(メニエル病も含む
   慢性疲労             
                 







                  HOME   その他治療症例   当店のご案内・アクセス    スタッフ紹介    お問い合わせ    戦国ジオラマ集




                       ㈱壱番薬局       〒755-0011  山口県宇部市昭和町4-9-4

                            
電話番号  0836-32-9152   FAX  0836-32-9140