山口県で相談できる漢方専門店をお探しならぜひ壱番薬局へ       

                                                               
    低体温について

  低体温が体にどのような状態を作るのか、低体温がなぜいけないのかについてご説明したいと思います。

  人間の生命と健康は体熱(体温)によって維持されています。


@低体温は免疫を低下させます
  低体温になると、血液の流れが悪くなり、免疫機能を持った白血球がすばやく対応出来なくなり、ウイルスや
  細菌などに負けやすい病気がちな体になってしまいます。
  私たち人間の平均体温は、36.5℃で、この状態が免疫旺盛で健康体なのです。
  しかし、今は冷蔵庫の普及により食べ物や飲み物で体を冷やしている人が多く、昔はあまりなかったアトピー
  性皮膚炎・子宮内膜症・筋腫・ガン・慢性アレルギー等の下地となる低体温を作っています。


A体温が低いとガン細胞が元気になります
  がんを発症する人は、低体温の人が多く、また低体温だとガン細胞の増殖のスピードが速くなるのです。
  細胞には、暖かい環境のほうが代謝に適している「好気性代謝」をする細胞と、温度の低い環境のほうが代謝に
  適している「嫌気性代謝」をする細胞の2種類があり、ガン細胞は後者に属します。
  よって、ガン細胞は低温で増殖するスピードが増し、一番活発に増えるのが35℃なのです。


B低体温はメタボになる
  一日で消費するエネルギーの大半は基礎代謝です。
  体温が低い=基礎代謝が低い=消費エネルギーが少ない・・・ということは、摂ったカロリーのうち、消費されなかった
  分は体に蓄えられる(脂肪として)ことになります。
  体温が上がると基礎代謝がアップするので、寝ていても多くのエネルギーを消費することになりメタボ解消になります。


C自律神経のバランスがくずれると低体温人間になります
  自分の体の自律神経のバランスが乱れているかどうか、もっとも簡単に知る方法は体温を測ることです。
  ふだんから体温が高ければバランスが良く、体温が低い状態が続いていれば、バランスがみだれているといえます。
  なぜなら、交感神経が過剰に緊張しても、副交感神経が過剰に緊張した場合でも、血流障害が起こり、低体温になります。



 
食事のとりかた・入浴・運動・服装等、生活習慣の見直しで体は温められます。


 
食事

 冷たい物(飲み物・生野菜・アイスクリーム)・乳製品・砂糖(甘いもの)はなるべく摂らないように気をつけて下さい。
 特に冷たい物はダイレクトに体の熱量を奪います。どうぞ常温から暖かいものをとるように心掛けてください。

  摂らない方がいい物 (氷の入った飲み物・冷蔵庫で冷やしてある飲み物・ビール・ジュース・缶コーヒーなど)
                (女性が好んで食べる生野菜・アイスクリーム・ヨーグルト・プリンなどのデザート類)

  飲み物は白湯が一番いいです。夏でも冷たい物は飲まないで。

 
 戦後日本人は食生活の欧米化・学校給食の始まりとともに、米をあまり食べなくなりました。米を食べなければ、何を
 食べているかというと、カタカナ食のパン(ハンバーガーやサンドイッチ)・パスタ・グラタン・ピザなどの欧米食が多く食
 べられています。

 カタカナ食を多く食べると、ごはんと比べて脂肪摂取量が非常に増えます。そしておやつにはスナック菓子や、クリームや
 バターをたっぷり使ったケーキやチョコレート。さらに脂肪と砂糖の摂取が多くなっています。

 これにより、血液の循環も悪くなり、結果・・基礎代謝も落ち、低体温になり、生活習慣病や婦人科系の病気も増えてきました。

 簡単に改善出来るのは、主食を”ごはん”にすることです。そうすれば、自然と味噌汁・漬物・常備菜(のり・梅干・納豆など)
 和食のベースが出来、おかずはそんなに凝った物でなくても美味しく食べられます。

 1日3回ごはんが難しければ、まずは1日2回ごはんを食べる事を気をつけてみてください。


 
入浴

 ぬるめ(38〜40度くらい)のお湯をみぞおちの高さまでため、15〜30分以上の半身浴が一番よいです。
 全身浴に比べて、入浴後の発汗が格段によく、からだを芯から温めて冷えによる水毒の改善になります

 リラックスと疲労回復になります。


 運動

 低体温の改善=体温を上げるのにもっともよい方法は、基礎代謝をあげることです。
 食べても太らない人はこの基礎代謝が高い人です。体温と基礎代謝は正比例の関係にあるので、基礎代謝を上げれば
 体温は上がります。・・・どうやれば基礎代謝を上げることができるのか?基礎代謝は同じ体重でも、男性の方が女性より
 高いです。これは、筋肉量が男性の方が多いためだといわれています。このことから、体温・基礎代謝を上げるためにどう
 したら一番効果的かというと、”体を鍛え筋肉量をアップすること”です。
 運動には大きく分けて「有酸素運動」「無酸素運動」の2つがあります。
 有酸素運動は、ジョギング・ウォーキング・エアロビクスなど、比較的低い負荷で長時間手軽に長く続けられる運動で、
 無酸素運動は、ウエイトリフティングや短距離走など、息を止めて短時間に強い力を発揮する運動です。
 有酸素運動は脂肪を減らし、無酸素運動は筋肉を鍛えます。

 有酸素運動だけでなく無酸素運動(筋トレ)をしてから有酸素運動を行うと、筋肉量を増やし、体温上昇も期待できます。



    理想の生活習慣

   夜10時に就寝、朝5時に起床が理想です。
   自然に目が覚めたら、二度寝しない。
   寝るときは暗くして寝る(電球をつけたまま寝ない)
   熟睡のために、寝る前に体を温める(お風呂・暖かい白湯などで)
   寝る前に食べない・夕食は寝る4時間前にすませる。
   雨の日も風の日も毎朝30分外を歩く。
   飲み物は温かい白湯。
   お風呂の温度は41度に設定する。
   体温は36.5度以上。
 
 

 これは低体温を防ぐ理想の生活習慣です。健康のために少しでも気をつけてみてください。





ご相談の多い病名
  あ行                     か行                     さ行

   アトピー性皮膚炎              肩痛(五十肩)               自律神経失調症
   アレルギー性鼻炎・花粉症         気管支喘息                 子宮内膜症
   胃腸の不調                 過敏性腸症候群              子宮筋腫
   おねしょ                    乾癬                     生理痛(月経痛)
                           子宝相談                  生理不順(月経不順)
                           高血圧                    湿疹(慢性湿疹)
                           更年期                    じんましん
                           がん                     痔





  た行                     な行                     は行

   糖尿病                    にきび・吹き出物              冷え性
   ダイエット・肥満               尿もれ・頻尿・排尿困難          肥満
   突発性難聴                 認知症                    不妊症(子宝相談)
   多汗症                                            不眠
   頭痛                                              便秘

    低体温



  ま行                     や行

   腰痛                     夜間尿
   耳鳴り 
   めまい・(メニエル病も含む
   慢性疲労
   むくみ(浮腫)             
                 




 HOME   その他治療症例   当店のご案内・アクセス    スタッフ紹介    お問い合わせ    戦国ジオラマ集



  



 Copyright(c)2010 IchibanYakkyoku All Rights Reserved

                 〒755-0011 山口県宇部市昭和町4-9-4 TEL0836-32-9152 FAX0836-32-9140  
 活番薬局             
漢方についてのご相談はこちらからどうぞ