山口県で相談できる漢方専門店をお探しならぜひ壱番薬局へ


                                                                                        


                                       腰痛  坐骨神経痛 


           腰痛は、腰椎の変形及び障害(ヘルニア等)が起こり腰部が痛くなる場合と、尿路結石等の
           基礎疾患から起こる腰痛に分けられますが、大半は腰椎障害によるものになります。


           漢方的には、腰痛は寒湿の邪(冷えと寒湿)により、患部の気血運行が阻滞されたと考えます。
           また、「腰は腎の腑」といわれていますが、腎(※腎臓ではなく、人の生命力の源のような働き
           をする臓で、30代後半から弱ってくる)は骨・軟骨を主っており、腎が弱ると骨・軟骨が変形または
           少なくなり、腰痛や坐骨神経痛になりやすくなります。



           《漢方的な発症機序の考え方》
            腎虚(腎の弱り)で、もともと体に水滞(水の代謝が悪くなっている状態)がある人が、
            外邪ー寒湿の邪(冷えと湿気)を受けた場合に腰痛がおこります。
            湿邪は除きにくく治療期間は少し長くなります


        
          


    
           
腰痛・坐骨神経痛になりやすい人

          
骨・軟骨と密接な臓ー腎が早く弱る生活習慣

              ・ 久しく睡眠時間が短かった人

              ・ 摂食ダイエットをした人

              ・ 心身ともに過労の人

              ・ 冷たい飲み物(ビールや炭酸飲料など)が好きで、たくさん飲む人

              ・ ストレスが多い人

            
生まれつき虚弱体質」(小さい子供のころから慢性病を患う)の人

       
     〇30代後半以降の人

              ・・・発症が早まるかどうかは、生まれつきの体質と
                      腎の弱る生活が久しくあったかどうかで決まるようです。


            





            


         
        
☆症例☆

       
男性 54歳  177cm 60kg

      
発症    5年前

        主訴    坐骨神経痛
               腰痛とおしり横の痛み・足横のビリビリ感

        随伴症状  便秘 中程度の排尿困難 
               
        性格    神経質 悩みやすい

        憎悪因子  ストレス時 過労時



        
判断  
              思慮過度などで、脾が傷つき食少傾向あり、
              気血精の生化不足で後天が補えず腎虚著しい(・・年齢的にも腎虚あり)状態で、
              腎の腑である膀胱も影響して排尿障害も併発。
              脾虚なのに冷飲(ビール)が多く、冷え性で脾虚湿盛(内湿停滞)のところに、
              外邪(環境因子)の寒湿をうけて腰痛が発症した

   
     〇治法  
              温中祛湿 助陽散寒

      
  〇方剤  
              辛熱の乾姜で温中散寒、白朮と茯苓で健脾祛湿と運化を強め、乾姜とともに寒湿を除去
              附子の助陽散寒の効果により、少陰陽気を振奮させるとともに、寒邪を除く



           経過・・・5日目で痛みが半減、15日で完治。
                 ただし腎虚体質は残るので、再発予防のために補脾補腎薬(扶陽理中)を服用する

   
   

                                                                                      



ご相談の多い病名
  あ行                     か行                     さ行

   アトピー性皮膚炎              肩痛(五十肩)               自律神経失調症
   アレルギー性鼻炎・花粉症         気管支喘息                 子宮内膜症
   胃腸の不調                 過敏性腸症候群              子宮筋腫
   おねしょ                    乾癬                     生理痛(月経痛)
                           子宝相談                  生理不順(月経不順)
                           高血圧                    湿疹(慢性湿疹)
                           更年期                    じんましん
                           がん                     痔





  た行                     な行                     は行

   糖尿病                    にきび・吹き出物              冷え性
   ダイエット・肥満               尿もれ・頻尿・排尿困難          肥満
   突発性難聴                 認知症                    不妊症(子宝相談)
   多汗症                                            不眠
   頭痛                                              便秘

    低体温



  ま行                     や行

   腰痛                     夜間尿
   耳鳴り 
   めまい・(メニエル病も含む
   慢性疲労             
                 







                  HOME   その他治療症例   当店のご案内・アクセス    スタッフ紹介    お問い合わせ    戦国ジオラマ集




                       ㈱壱番薬局       〒755-0011  山口県宇部市昭和町4-9-4

                            
電話番号  0836-32-9152   FAX  0836-32-9140